夢を追うことについて

 皆さんどうも、ミズタカです。

 さっそくですけど本題へ。

 夢とか目標を追いかけることはやめましょう。そんなもの追いかけている間に、どんどん貯金をためる機会を失っていきます。そしてそれは、将来一人で生活していけなくなることを表しています。落ちぶれた生活をしていく羽目になります。

 そもそも、必要なのは「自分の作り出した金で生活していくこと」です。それができれば、最終目標は達成したと言っても過言じゃないでしょう。それなので、夢とか目標はその生活を継続しながらの中で生まれたものをやっていくべきです。まずは自分で生活していかないと、いつまで経っても親のすねをかじりながら生きていくことになります。

 夢やら目標なんてのは、人生におけるまやかしです。そんなものは早々に捨てましょう。できれば小学校入学の6歳くらいにまで捨てられれば、将来自分が就こうと思う仕事のための勉強ができます。余計なことはしない方がいい。なぜなら、その業界でトップになるにはそれなりの勉強期間を必要とするからです。そして、トップとそこから二つ下、それ以外はつぶされる可能性があるからです。会社でも個人でも。やはり連中の積み上げてきた年数が、今の購入、需要につながっていると考えられます。

 それらと戦っていくには、早々に新しく確実な技術を持って相対するしかありません。それができないなら、さっさと企業に入社して、そこで働いて金を作るべきです。いつまでもフリーターや日雇いをしているのは、やはり危険かもしれません。まあでも将来家庭を作るとかそういう予定のない方は、ありかもしれませんが。

 マジで、世の中すべてが腐ってる。大したことじゃない問題でギャーギャー喚きやがって、殺すぞ?ならテメエがここに立ってやってみろよ、オラ。そんなんだから人類なんてバカなんだよ。それでここまでだれも気付かず、止めず、流れてきた。クズしかいねえ証拠だろ?
 親も他人。外の人間はもっと他人。自分の心なんてゴミ捨て場に放り投げてくるべきなんですよ。外の人間のクソ態度に一々反応しないように。それが一番自分を疲れさせる原因なんですから。外の人間が一々けんか腰で来るから、こっちは殺してやりたい気持ちを殺してやらなきゃならないんですよ。マジで。そしてそんなふうに汚れていく自分が嫌になって、死にたくなる。これが世の中における根暗の性根ですよ。


 まぁそういうわけで、夢を追うということはリスキーすぎるんですよ。人生における時間の消費と稼ぎが比例しないんですわ。なので、生活もろくにできません。その夢や目標を実現して生活していくのは非常に難しいので、求人のあるところに収まって、そこでの生活の中で生まれた目標などに向かっていくべきでしょう。

 そもそも、時間のある子どもの頃(小学校入学あたり)からろくに努力もせず、20になるまでにそれで独り立ちできないなら才能はないんですから、諦めるべきです。潔さを持つことも非常に重要です。恵まれなかった環境に生まれたなら、やはり大したことのない人生を送るしかないんですよ。子供の頃に激しい努力で生活環境を変えるくらいならば、そうはならないでしょうが。

 今回はここまで、ありがとうございました。

この記事へのコメント