Epiphone Inspired By Texan Band Man mk-Ⅱの使用ギター特集⑥

040.JPG
 皆さんどうも、Band Man mk-Ⅱです。今回は私が使用しているギターの紹介をさせていただきます。

070.JPG

 今回は、「Epiphone Inspired By Texan」になります。ポール・マッカートニー氏の使用でも有名な、「Epiphone Texan」のお手頃価格バージョンですね…^^

 このギターは初めてアコースティックギターを買ってもらう時に、誕生日に合わせて購入していただいたものなんです…。本当に、これ一本で満足しておけばよかったんだ、と深く反省しております。他のギターや楽器もしかり。
 15から17の間に、本当に申し訳ないほどに楽器関係で家の、または自分のお金をつかってしまった。それがかなりの後悔ですね…。

 そしてそれらの楽器で演奏して曲作ってYoutubeに上げても、今は一切の成果にならず、モトが取れていないというのが不甲斐ない。本当に、これから続けるのかやめるのかよく考えます…。勉強の方に進みたいと思い始めたので…。

 さて、このギターはとても作りがしっかりしていて、本来ならアコースティックギターはこれ一本で十分なくらいです。価格も、超絶高価ではありません。末永く使っていくのでは、本当にお勧めです。

 ネックが細く、握りやすいというのがまずポイント。そして何より音に「深み」「大きさ」が備わっています。かなり大きな音を出してくれます。また、サウンドホールの淵にピックアップが装着されており、エンドピン側からシールドを差し込んでエレアコとして使うこともできます。最初にアコースティックギターを選ぶ選択肢として、ベストな一本かもしれません^^

 注意点として、エンドピン兼ジャックの部分は、回してしまうと中で外れてしまうので、そこにだけは注意していただきたいですね。私はうっかり回してしまって、中で金具が外れてしまい使えなくなってしまった時期がありました。また、ピックアップはボタン電池式で、その都度交換が必要になってきますので、長時間の演奏には向いていないかもしれません。数曲だけの使用、というふうになってくるのでしょうか?

 しかし、そういった点を引いてもお釣りがくるほどにしっかりとしたギターなので、皆様もぜひ、選択肢の一つに選んでいただければなと思います。^_^

072.JPG

 それでは今回はこの辺で、ありがとうございました!

この記事へのコメント