戦争について19歳の男が思うこと~もう人類やめちまえよ、原始人に戻れ。~

 皆さんどうも、ミズタカです。


 今の時代も、ある意味では戦争状態ですよね。「金や家庭事情で学習の機会を与えられなかった人間たちなどどうでもよく、科学技術だけが隆盛して人々をおいてけぼりにしている」っていう。選民思想が暗黙の中ではたらているからこうなるんですね。

 本当は、誰もが勉強の機会を与えられれば、科学技術についての理解はもっと大衆に広まるんです。しかし、勉強したくても金が無い。それで金のある奴らだけが上に行ける、科学技術やAIを作る技術について学習することができる。この時点で不平等です。

 そして、その勉強した人間たちがきちんとした見識を持った人間たちで、人間たちのためにロボットやインフラ、機械やAIを役立ててくれるなら話は良くなるでしょう。現実は違う。奴らも企業に搾取されて、生活のためだ競争だ、海外だと喚く豚になり下がって技術を自分たちだけの物にしていく。だからあらゆる格差が広まってしまうんですよ。
 まずは情報工学関係の企業があるからいけないんですけどね。これには会社というものが乱立してなっている今の資本主義の世界に問題があるので、後で別枠の話としましょう。


 誰しもに勉学の機会や知識を得られる機会を与えるべきなのに、そうではないから意欲もわかない。それを勉強ができないと罵られる。もう悪循環の固まりが社会ですよ。どこの職場でも、組織でもそう。学校でもそう。どこも牢獄ですよ。

 そんな現実を呑みこまなくちゃいけない。名前なんて残せないまま死ぬのを受け入れなくちゃいけない。それが庶民ですよ。どう考えてもしわ寄せによって生活が苦しくなり、官僚から迫害され、規制に縛られ、ドブ沼の中を這いつくばって進まなくちゃいけない庶民が、ないがしろにされるのはおかしいんですよ。

 こっちに金が回るのが第一でなければならない。人並みの生活ができるようにしてもらわなければならない。それが未だにされていないんだから、日本に将来はありませんよ。

 誰も教えてくれないし、金だって作るのは大変。毎日の生活さえ手いっぱいなのに、給与が少なくなってしまっては、もう耐えられませんよ。


 そういうことで、今の社会は民間人同士が戦争を繰り広げている、といった風に私には見えます。どっちにしろ、悪い状態ですよ。

 各国の代表者たちは、一応の綺麗事を並べて、ギリギリの状態ではあるけれど、兵士を動員してまでの殺しあいにはなっていない。これからなりそうな予感はしますけどね。

この記事へのコメント