死刑は残すべき。もし死刑を無くしたら犯罪者が増えるだろ?

001 ファビコン画像 ①ミズタカ.JPG
 皆さんどうも、ミズタカです。


 海外では死刑制度が廃止されている国もあるそうです。そして、世界的には今後、死刑が廃止されていく傾向にあるようですが、私は死刑を残すべきだと思います。それはなぜか?

 理由は単純明快で、死刑を廃止すればますます犯罪者が増加するからです。死刑を除いた極刑が「無期懲役」ですが、それさえも刑務所で大人しくしていれば税金で飯が食えますし、もし時間の経過で優良な受刑者と認められてしまったら、その犯罪者が再び社会をほっつき歩くことになります。それを防ぐためにも、死刑は絶対に必要です。むしろ、もっと盛んに行うべきです。人を殺したなら、その加害者も殺して地獄に送ってやるべきです。

 特にこの甘ったれた日本。死刑を廃止することが先進的だと勘違いしている輩が多すぎます。それを実施した場合のリスクを考えているのか?と思うほどです。
 非人道的だ、とか、残酷だとか言う人がいますが、そもそも犯罪を犯さなければいい話です。死刑があっても犯罪を犯す人間が一向に減らないのだから、死刑が無くなったらさらに増えます。際限がなくなるので、死刑は存続させるべきでしょう。


 最近では、オウム真理教の教団幹部たちの9人が死刑執行されましたが、ようやく・・・といったところですね。むしろ、つい最近まで同じ世の中に存在していたことが恐怖で堪りません。

 20年以上前に「地下鉄サリン事件」で社会を震撼させ、多くの人間を殺害しておいて、何故当時死刑が執行されなかったのか理解不能です。精神異常だから、とかそんなことは通用しない司法になれよ、日本の司法。人を殺しているっていう事実が何よりの証拠でしょう、まったく精神異常ではない。死んで当然の犯罪者です。もっと早く死刑が下されても良かったと思います。おそらく警察の証拠集めのために活かされていたのでしょうが・・・。

 もし死刑が無かったら、こういう人たちが今後も活かされていたということになります。どう思いますか?人それぞれ感じ方は違うと思いますが、人殺しを社会にのさばらせていたら、潤滑な社会運営に悪影響を及ぼすでしょう。また、再び再犯して、新たな被害者を出してしまうことも考えられます。そういった観点から、死刑は絶対に残すべきです。一般市民を守るための死刑制度を残しましょう。


 また、併せて日本の「犯罪者に甘い司法」を徹底的に改正するべきです。人を殺しても刑務所に入れられるだけ、税金で飯は食えるし、仕事はある。雨をしのげる場所で眠れて、着る服もある。被害者の恐怖や痛み、悲しみなど一切思い知らずに生き続けるんです。せめて拷問にかけて精神を崩壊させてから収監しろや。
 精神異常者と鑑定されれば無罪。頭おかしいでしょ?人殺してんですよ?そいつを施設に入れるだけじゃ済まされないでしょ。一緒にあの世へ送ってやらないと。

 そのほかにも、女児へのわいせつ行為の軽視、レイプや性犯罪の軽い刑罰。ふざけてるでしょ?対外犯罪を犯すのはクソ男です。そいつらへ特化した刑を定めるのもよいでしょう。とにかく、犯罪を無くせればいいんです。そのためなら徹底的にやりましょう。
 詐欺や暴力も同じく、加害者の受ける刑が軽すぎます。悪さをした人間を正当に裁く司法を整備することを早急にしてください。もうはるか昔の司法なんて使い物になりません、現代の犯罪に適応した司法を用意しなければいけないのです。


ご一読ありがとうございました。
編集完了:2018年8月4日午前9時20分

この記事へのコメント