【オリジナル曲】未来=地獄 Future is Hell【Original Song】

演   奏・・・Band Man Mk-Ⅱ
録音機材・・・Micro BR-80
使用楽器・・・Guitar-Epiphone SG G-400

・無断転載禁止
・著作権はBand Man mk-Ⅱに帰属します。

 この曲は2018年の4月頃に録音したような記憶があります…。

 エレキギターのエフェクトの実験的な演奏をするために、ギター一本のみとなっています。思いのほか、気持ちと演奏と音質がマッチングしたので、これだけで一曲としてみました。

 しかしこの曲を録音して思ったのは、「エレキギターって全部、音は大して変わらないんじゃない?」ということ。

 二十万円もするフェンダーのストラトキャスターでも、中古で5,400円のレスポールタイプでも、こうやってアンプやエフェクターを使ってしまえば大して違わない(作者のは中古で二万円のEpiphone SGです)。
 そんなにバカ高い値段なのは、今日まで積み重ねてきたブランドの印象操作に乗せられているからだ、ということ。

 安いギターでも、製品でも、気持ちがこもっていれば自然と美しくなるのではないでしょうか…?
 この辺は個人の価値観によるものでしょうが、私はそう思います。高い値段の車も、家も、食事も、製品も、自分に必要無ければ無視。そうやって生きていくしかないでしょう…。

 そしてこの曲は、ギターが将来について嘆いているというイメージの曲です。こんなご時世、もう日本国内ででかくなっても小さな小山の大将でしかない。

 本当に現代に必要なのは、スマホではなく、ネットでもなく、コンビニとか企業でもなく、一人ひとりが協力して、まずは我々の労働賃金を満足するくらいに上げるよう国の運営者に要請することです。全ての国に言えることだと思います。

 それが無理なら、もうビルとかとっぱらって今の時代の全ての仕事や製品を忘れて、江戸時代のように農作業をして生活した方が楽なはずです。もう毎日会社に出社するのも吐き気がするでしょう?それともすっかり慣れて、社畜へとレベルアップしましたかね?

 小さなコミュニティの中で、毎日自給自足。足りないところはほかから協力してもらう。文句が無くていい生活だと私は思いますね。
 自分にとっては、今の時代こそ日本の江戸時代の生活を見習うべきではないかと思いますね。


Performance · · · Band Man Mk - Ⅱ
Recording equipment · · · Micro BR - 80
Instrument used ... Guitar-Epiphone SG G-400

· Prohibited without permission
· The copyright belongs to Band Man mk - Ⅱ.

There is a memory like this song recorded around April of 2018 ....

In order to experimentally play the electric guitar effect, it is only one guitar. Since my feelings and performance and sound quality matched unexpectedly, I just tried it as one song.

But I recorded this song by saying, "Electric guitar is all, sound does not change a lot?"

Even Fender's Stratocaster that makes two hundred thousand yen, even if it is second-hand Les Paul type of 5,400 yen, it does not differ greatly if you use amps and effectors like this (the author's second-hand Epiphone SG of 20,000 yen) .
That is such a foolish thing because it is put on the impression operation of the brand that has accumulated until today.

Even cheap guitars, products, if it feels comfortable, will not it be natural and beautiful ...?
This neighborhood depends on personal values, but I think so. Ignoring the high price car, house, meal, product, if you do not need it. I guess there will be no choice but to live like that ....

And this song is an image of the image that the guitar is lamenting about the future. In such a future, it is only general that it is a small Oyama even if it becomes big in Japan.

What is really needed in modern times is not a smartphone, not a net, a convenience store or a company, but to ask the administrators of the country to cooperate with each other and to raise the labor wage at first to satisfy our labor pay. I think that it can be said to all countries.

If that is impossible, it would be easier for people who lived in farming like the Edo period, forgetting all the work and products of the present era as they have been buildings and so on. It is nausea to get to work at work every day. Or perfectly accustomed, did you level up to the company slaughter?

In a small community, I am self-sufficient every day. I will cooperate with others from other areas. I think that it is a good life without complaints.
For me, I think that this era should emulate the life of the Edo period in Japan.

"【オリジナル曲】未来=地獄 Future is Hell【Original Song】"へのコメントを書く

お名前:
メールアドレス:
ホームページアドレス:
コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。